最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 鍵 | トップページ | クマ最高 »

『三国志 第九巻 出師すいしの巻』(吉川英治)

 読めるけど読めないんすよ、「出納」って。 まず「しゅつのう」という読みがボワンと浮かんだあとで、一瞬遅れて「すいとう」という読みがでてきます。 だってぇ、すいとうっつったら水筒だしぃ。──つまりタイトル読めませんでした。

 以下はネタバレ感想。
 第九巻では関羽の死に始まって、曹操、張飛、黄忠──そして劉備までが九泉に赴くことになる。 残された孔明はその智略で南蛮を王化、 そして、前主の大望であった中国統一を目指して出師の表を奉る──
 って、ええ!? 曹操も劉備も死んじゃったよ、おい!?  歴史物だから当然といえば当然なのですが、こうも続けざまに死んでいくとは……。 いや、でもこのあっけなさにこそ意味があるのかも。
 南蛮征伐の話は、突然舞台が異国へと場所を移すのですごく新鮮。 木鹿王もくろくおうの猛獣部隊なんて本当にいたのでしょうか。 急にファンタジーっぽくなってきたけれど面白いです。
 そして個人的に非常に重要な場面、孔明が自らの罪に涙するシーンがあります。 そーなんすよ! どんな大義名分があろうとも、劉備や孔明のやってきたことは沢山の血を流してきたのです。 それなのに、孔明は仁も徳も全て備えた非の打ち所のない人物である──という風に描かれているのが ひっかかっていたので、このシーンで何か つかえが取れたような気持ちがしました。
 あと一巻。


« 鍵 | トップページ | クマ最高 »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25453

この記事へのトラックバック一覧です: 『三国志 第九巻 出師すいしの巻』(吉川英治):

« 鍵 | トップページ | クマ最高 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ